ASTRO-H搭載X線CCDカメラ(SXI)

 

ASTRO-H  −世界をリードする日本の次期X線天文衛星−

ASTRO-Hは日本で6番目のX線天文衛星であり、2015年度内の打ち上げを目指して開発中である。3種類のX線望遠鏡と4種類のX線検出器により、

  1. 軟X線(X線エネルギーレンジ 0.3-10keV)における超高分解能分光観測

  2. 硬X線を含む広い波長域 (X線エネルギーレンジ 0.2-80keV) での撮像観測

  3. 世界最高感度の軟ガンマ線(エネルギーレンジ 10-600keV)観測

という、いずれも世界初となる優れた観測性能を持つ。

ASTRO-Hで期待される科学的成果

代表的なものとして、

  1. 銀河や銀河団内部の高温プラズマ状態を詳細診断することで、
   その形成および進化過程を解明する。

  2. ブラックホールや中性子星について、X線放射のドップラーシフトや
   時間変動などから、近傍の物理状態を明らかにする。

  3. 超新星残骸や銀河中心領域などの非熱的拡散X線放射の撮像により、
   宇宙線加速のメカニズムにせまる。

  4. 軟X線観測では発見できなかった、光学的に厚い吸収物質に埋もれた
   活動銀河核を探査し、硬X線における宇宙X線背景放射の起源を明らか
   にする。

があげられる。しかし上記はあくまで一例であり、X線を放射する全ての天体が観測対象である。

SXS用ミラー
SXI&HXI用ミラー
スタートラッカ
太陽パネル
X線カロリメーター(SXS)
硬X線撮像検出器(HXI)
SXI(衛星内部、
ミラー焦点面上)
固定式光学ベンチ
CCD専用ASIC開発ASIC.html
CCD素子
基礎開発CCD_su_zi_kai_fa.html
屈折コントラストX線撮像qu_zhekontorasuto_cuo_xiang.html
X線天文衛星
すざく/XIS
suzakuXIS.html
宇宙ステーション
MAXI/SSCMAXI_SSC.html
次期X線天文衛星
ASTRO-H/
SXI
小型衛星計画
FFAST/
SD-CCDFFAST_SD-CCD.html
大気球観測実験
PHENEXPHENEXtoha.html
小型衛星計画
PolariSPolariS.html
伸展式
光学ベンチ