PolariSとは?

 


 2 種類の偏光計で10mCrab(かに星雲の1/100の明るさ) 以上の明るさのX線天体に関してワイドバンド(4-80keV) のX線偏光観測をめざす。

 このうち散乱イメージング偏光計は、散乱体兼反跳電子検出のためにプラスチックシンチレータと位置検出型MAPMTを用いる。この点では、PHENEXの検出器他と同様の原理を利用するものの、独立の位置検出型MAPMTで散乱X線光子を検出する点、焦点面検出器としてより位置分解能を高めた点、耐震改良が可能なMAPMTを用いるなどベースになるデザインは異なる。さらに、気球実験では不要な10-30keVにも感度を確保する必要がある。

CCD専用ASIC開発ASIC.html
CCD素子
基礎開発CCD_su_zi_kai_fa.html
屈折コントラストX線撮像qu_zhekontorasuto_cuo_xiang.html
X線天文衛星
すざく/XIS
suzakuXIS.html
宇宙ステーション
MAXI/SSCMAXI_SSC.html
次期X線天文衛星
ASTRO-H/
SXIASTRO-H_SXI.html
小型衛星計画
FFAST/
SD-CCDFFAST_SD-CCD.html
大気球観測実験
PHENEXPHENEXtoha.html
小型衛星計画
PolariS

PolariS (Polarimetry Sattelite)

我々はJAXA 小型衛星シリーズの一環として、X線ガンマ線ガンマ線偏光観測に特化した衛星PolariS(Polarimetry Sattelite)のデザイン検討をすすめている。PolariSは焦点距離6mの多層膜ミラー3台を伸展式光学台に搭載する。望遠鏡の焦点面には光電子追跡を動作原理とするガスイメージング偏光計を1台、コンプトン散乱を動作原理とする散乱イメージング偏光計を2 台設置することを計画している。

 X線ガンマ線偏光観測小型衛星

世界最先端の装置を結集させ、ひとつの衛星を作り上げる。