XIS(X-ray Image Spectrometer)

 
CCD専用ASIC開発ASIC.html
CCD素子
基礎開発CCD_su_zi_kai_fa.html
    1. XISは「すざく」に搭載されているX線CCDカメラである。この検出器は0.2~12keVのX線を捉えることができ、X線イメージの作成とスペクトルの取得を目的としている。

    2. 「すざく」は全部で4台のXISを搭載している。そのうち3台が「表面照射型CCD」と呼ばれるものであり、残りの1台が「裏面照射型CCD」と呼ばれるものである。両者の違いはX線の入射してくる方向であり、表面照射型では電極側から、裏面照射型ではその反対側からX線は入射してくる。

    1. 常深研究室はX線CCDの開発の中心

  1. 活動内容の例(地上試験)

    1. 性能評価試験

      1. X線CCDを駆動させる最適な電圧の値、広いエネルギー帯域での信号波高値やエネルギー分解能のエネルギー依存性の調査

      2. 出来上がったCCDカメラが正しく機能するかを確認し、もし問題があればその原因と解決策を模索する

    2. 放射耐性試験

      1. X線天文衛星に搭載される機器は非常にデリケート。したがって、宇宙からやってくる宇宙線の影響は無視できない。そこで、地上でどれくらいのレベルの放射線に耐えれるかを調べ、その結果を元に、実際宇宙に出た時に、どれだけ性能が変わるかを予測する

屈折コントラストX線撮像qu_zhekontorasuto_cuo_xiang.html
X線天文衛星
すざく/XIS
suzakuXIS.html
宇宙ステーション
MAXI/SSCMAXI_SSC.html
次期X線天文衛星
ASTRO-H/
SXIASTRO-H_SXI.html
小型衛星計画
FFAST/
SD-CCDFFAST_SD-CCD.html
大気球観測実験
PHENEXPHENEXtoha.html
小型衛星計画
PolariSPolariS.html

XISを用いた較正解析

    1. すざくが宇宙空間に滞在している間、フィルターに汚染物質(コンタミ)が付着して検出効率の低下を招く(特に低エネルギー側で顕著)。

    2. 付着した汚染物質の組成・量を調べ、その結果をキャリブレーションに反映させる。

    3. X線天体(例:中性子星RXJ1856、Cygnus Loop)からのX線スペクトルを作成し、過去の観測のデータも使ってコンタミの量を測定する。

    4. 解析して得られた情報はテレビ会議・メーリングリストなどを通じて他機関と情報を公開し合い、キャリブレーションのデータベースを随時更新している。